病院で処方されるシミ対策の外用剤

病院で処方されるシミ対策の外用剤

セルフで中々治らないシミは、皮膚科や美容外科で治療を受けることができます。病院で処方される外用剤は、市販の美白スキンケアとは異なり、シミを薄くして取り除く強い漂白作用を持っています。

病院で処方される外用剤は、レチノイン酸とハイドロキノンの2つが主流です。
レチノイン酸は表皮を剥がし落とし、肌のターンオーバーを強制的に行います。同時に、肌の奥副悪にあるメラニン色素を少なくする効果があります。また、使用することで血行が促進され、シミができにくい肌環境を作ります。
ハイドロキノンは、メラニンを黒色に変化させるチロシナーゼの働きを抑制し、メラニンが作り出されるのを根本から防ぎます。強力な漂白作用があり、多くの病院で用いられている薬です。

いずれも高い効果が期待できるものですが、その分肌にかかる負担も大きくなります。使用する際は医師の指示に従い、正しく使いましょう。