美白パックの正しい使い方

美白パックの正しい使い方

パックは美容成分を肌に浸透させるケアで、顔全体を覆うパックで手で行うスキンケアより高い効果が期待できます。
シミ対策には美白パックがオススメです。美白効果のある成分を、丁寧にしっかりと肌に浸透させることができます。

美白パックの使い方は、通常のパックと同じです。商品やパックの形によって使用方法が異なるので、パッケージの使い方に従い正しく使いましょう。
パックでのケアは、紫外線を浴びてメラニンの発生が気になる時、肌がくすんで見える時といったタイミングで行いましょう。
美白成分は、ものによっては肌に強い刺激を与えます。毎日の使用は肌に負担をかけ逆効果となる可能性があるので、強い成分が配合されているパックを使用する場合、使用頻度は1週間に1度にしておきましょう。

睡眠とたるみには深い関係がある?

睡眠とたるみには深い関係がある?

ほうれい線を予防するにはスキンケアも効果的ですが、毎日の睡眠も予防のための重要な鍵となります。

人間は寝ている間に成長ホルモンという成分が分泌されます。成長ホルモンは文字通り体を成長させるホルモンで、成長期の体作りには欠かせないものです。
成長ホルモンは体を発育させる効果だけでなく、肌のターンオーバーにも深く関わっています。成長ホルモンが正しく分泌されることで肌のターンオーバーが促され、たるみのない綺麗な肌を作ることができます。
寝不足の方や不規則な睡眠時間の方は成長ホルモンが分泌されにくく、たるみを作る原因となってしまいます。
また、成長ホルモンの分泌にはただ寝るのではなく、深く良質な睡眠を取ることが大切です。寝る前にはスマホやテレビを見ない、入眠しやすいようにストレッチをするなど、たるみ対策のためにしっかりとした睡眠を取るように心がけましょう。

紫外線はたるみの原因になる?

紫外線はたるみの原因になる?

紫外線は日焼けやシミなどの肌トラブルだけでなく、たるみを引き起こす大きな原因となっています。

紫外線ダメージを受けた肌は、肌のハリの元である真皮部分のコラーゲンとエラスチンを破壊してしまいます。紫外線ダメージを繰り返し受けることで段々とハリが失われ、肌のたるみを引き起こしてしまいます。
真皮は肌の奥深くにある層で、外側からのスキンケアではケアが難しい部分です。また、一度破壊されたコラーゲンとエラスチンは内側からのケアでも元に戻すことが難しいため、紫外線が原因のたるみは改善が困難となっています。

紫外線によるたるみを防ぐには、真皮に紫外線ダメージを届かせないようにすることが一番です。
日焼け止めクリームやUVカットの長袖、日傘や帽子などを活用し、紫外線から肌を守りましょう。

乾燥肌向け洗顔後の正しいスキンケア方法

乾燥肌向け洗顔後の正しいスキンケア方法

洗顔後は肌が無防備な状態です。乾燥肌の場合、そのまま放置しておくと更に乾燥が酷くなってしまいます。
洗顔後は、正しいケアで肌の乾燥を防ぎましょう。

一番重要なのが、洗顔後は時間を置かずすぐにスキンケアに移ることです。時間が経てば経つほど肌の水分は失われていきます。洗顔をした後、すぐに化粧水を付けられるように用意しておきましょう。
化粧水は強い力でパッティングをするのではなく、手の平全体で顔を包み込むように付けましょう。顔に水分を補給させるイメージで、優しく付けます。
化粧水は二度付けしましょう。多いかなと感じる程度に付けても大丈夫です。顔の隅々までしっかりと付けましょう。
化粧水が肌に馴染んだら、同じように乳液を付けます。この時も、肌を擦らないように気を付けましょう。
その次は美容液、クリームという順番で付けていきます。仕上げのクリームは、乾燥が気になる部分に重ね付けすると効果的です。

目の疲労はたるみに繋がる?疲労を解消してたるみを予防しよう

目の疲労はたるみに繋がる?疲労を解消してたるみを予防しよう

パソコンやスマートフォン、テレビなどは、気が付かないうちに目を疲れさせてしまいます。目元の疲労は蓄積するとたるみに繋がる恐れがあります。
特にデスクワークの方は目の疲労が日常的に起こりやすいので、毎日のケアでたるみを防ぐ必要があります。

目が疲れたなと感じた場合、目頭のツボを押すと効果が期待できます。このツボは目の血行促進効果があり、疲労を回復させながらたるみを予防することができます。仕事の合間の休憩時間にツボ押しマッサージをして、目の疲労防止をしましょう。
就寝前には温熱効果のあるアイマスクで、目元の血行を促進するのも効果的です。一日の疲れを取りながらたるみを予防するだけでなく、血行促進で目の筋肉をほぐすことで入眠しやすくしてくれます。

忙しい方に良いかも!郵送でできる健康診断を知っていますか?

忙しい方に良いかも!郵送でできる健康診断を知っていますか?

病気を早く発見するために、定期的に健康診断を受けることが
推奨されていますよね。

しかし、仕事が忙しかったりするとついつい後回しになってしまうことも
あるのではないでしょうか。

そんな時には、郵送でできる健康診断を試してみるのも
良いかもしれませんね!

郵送でできる健康診断は自分で血液や細胞等を採取して
専門機関に送ると、しばらくして健診結果が返ってくる…というものです。

郵送でできる項目は意外とたくさんあり、
生活習慣病、胃がん、子宮けいがん、大腸がん、婦人病…
などのリスクについて調べられるようですよ。

病院に行くと長く待たされることもありますから、
自宅にいながら健康診断を受けられるのは良いですよね~!

忙しくてなかなか病院に足が向かない方は、
是非郵送でできる健康診断を検討してみてはいかがでしょうか?