紫外線はたるみの原因になる?

紫外線はたるみの原因になる?

紫外線は日焼けやシミなどの肌トラブルだけでなく、たるみを引き起こす大きな原因となっています。

紫外線ダメージを受けた肌は、肌のハリの元である真皮部分のコラーゲンとエラスチンを破壊してしまいます。紫外線ダメージを繰り返し受けることで段々とハリが失われ、肌のたるみを引き起こしてしまいます。
真皮は肌の奥深くにある層で、外側からのスキンケアではケアが難しい部分です。また、一度破壊されたコラーゲンとエラスチンは内側からのケアでも元に戻すことが難しいため、紫外線が原因のたるみは改善が困難となっています。

紫外線によるたるみを防ぐには、真皮に紫外線ダメージを届かせないようにすることが一番です。
日焼け止めクリームやUVカットの長袖、日傘や帽子などを活用し、紫外線から肌を守りましょう。